症状別

ホーム 症状別

首のコリ・疲れ

チェックボックス

首のコリや首の痛み疲れが多い

チェックボックス

目の疲れ・頭がスッキリしない

チェックボックス

首こりがひどく押すと痛みが出る・頭痛がする(ある)

チェックボックス

首を傾けたり振り向く動きをすると痛みが出る

チェックボックス

寝るときに首が枕に収まらない(落ち着かない)

チェックボックス

ストレートネック

頭の重さをご存知ですか?

人間の身体の骨で1番重いといわれている頭蓋骨(頭)
平均として男性が6キロ女性が5キロと言われておりボーリングの球の重さ8オンス位の重さになります
日常生活や仕事などでパソコン作業・携帯電話の操作をするとき数センチ頭の位置がずれただけで2倍の重さが首の骨(頸椎)にかかります
常に首こりや首の痛みに悩まされている原因として首の骨(頸椎)・鎖骨・肩甲骨の歪みが原因とも言われています
首の骨(頸椎)が少し歪むだけで、眠るときの呼吸が浅くなったり寝つきが悪い・眠りが浅い・起きた時のスッキリ感が無い状態が起こり易くなります

日常生活や仕事などでパソコン作業・携帯電話の操作をするとき

数センチ頭の位置がずれただけで2倍の重さが首の骨(頸椎)にかかります
常に首こりや首の痛みに悩まされている原因として首の骨(頸椎)・鎖骨・肩甲骨の歪みが原因とも言われています

身体の約10%を占める頭

両肩にぶら下がる腕の重さを支える為に首・肩には常にある程度の負担がかかっています
慢性の首こり・首の痛み疲れのある方は姿勢不良などの原因で更に身体の歪みを呼び起こしています

首がつらいから首だけ施術をしていませんか?

中々取れない首こりや痛み疲れの原因は他からの歪みが原因の時が多いです
当院は首だけではなく、首以外の歪みからアプローチして改善に導きます

頭痛・眼精疲労

チェックボックス

疲れると頭痛が出る

チェックボックス

肩こりがあると頭痛が出る

チェックボックス

視線を動かしたら焦点が合いにくい

チェックボックス

物がかすんでみえる

チェックボックス

頭が重く感じる(スッキリしない)

眼精疲労

視作業を続ける事によりおきる眼痛・かすみ・まぶしさ・充血・頭痛・肩こり・吐き気・だるさ等の全身症状があらわれ休息・睡眠をとっても十分に回復できない状態

頭痛(偏頭痛)

日本人の15歳以上の4人に1人が緊張型頭痛(締め付けられるように鈍痛)
30代女性の5人に1人が偏頭痛(ズキズキ脈打つ痛み・時に吐き気)
この2つの頭痛や慢性的な頭痛の大多数の原因は後頭骨・頸椎1番・2番の歪みが原因とされています。

(頭の付け根から首の上の部分)

その部分から神経が頭のまわりに分布しており、それらが歪むことによって頭が重いだるい痛いなどの症状を起こします。
その部分を「後頭下筋群」といい、その部分を中心に整えていけば改善されていきます。
また、視作業を続ける事で目と繋がっている「後頭下筋群」という首のてっぺんにある筋肉の過緊張によっておこります
薬を飲んでも改善されない時はこの「後頭下筋群」の強い緊張が原因でもあります。

「後頭下筋群」とは上下2つの頭斜筋と後頭直筋の計4つで構成されておりなんとなく目が疲れたり首が疲れたときに首と後頭部の付け根を押して少し楽になるときがありますよね?そう!そこの筋肉です!
※頭痛があまりにもひどい場合は1度脳外科等のへ受診をお勧めします。
後頭下筋群 縫合説明

全てがこの症状と当てはまる訳ではございません

パソコン作業や携帯(スマートフォン)を操作したり目を酷使する作業を行うと自然と背中が丸まりアゴを突き出す体制になります。

この状態が「後頭下筋群」にも大きな負担を与え頭痛や眼精疲労を呼び起こします。
「後頭下筋群」には様々な神経も通っています。

目の使い過ぎは神経を介して後頭部や頭痛・眼精疲労の原因になってきます。

顎関節症

チェックボックス

顎の横に違和感があり口が開かない

チェックボックス

顎を開けると音が鳴る

チェックボックス

噛み合わせが悪く痛みが出る

チェックボックス

鏡をみると顔が少しズレてる気がする

口を開けると「カクカク」「コキコキ」等の音が鳴ったり、食べ物を咬むと痛みを感じる・口が開かない等の症状を「顎関節症」と言います。
「顎関節症」のかつての原因として「かみ合わせ」とされていましたが、最近では顎に負担の掛かる日常生活での動作・ストレスの積み重ねが原因となる人が多い傾向です
生活が大きく変化する時期(就職・転職・引っ越し等)知らないうちに歯を食いしばっていたり食いしばる癖がついていて顎への負担が増えて発症します。
特に現代社会ではパソコン・携帯電話(スマートフォン)の復旧により前傾姿勢になりやすい傾向になり顎関節や筋肉に負担が掛かりやすくなっています。
歯並びの悪い子供は成長期に顎の歪み・かみ合わせの悪さから顎関節症になりやすい傾向にあります。
顎関節とはいえいくつかの原因が関係する事が多く原因を1つに絞りきれない生活習慣病でもあります。

顎関節がなかなか治らない・・・

顎が直接原因ではなく首の歪み?
股関節(骨盤)の歪み?かもしれません。
顎だけにアプローチするのではなく、身体全体から調整をして根本的な所からの調整をし解決することにより改善に向かいます!


当院では顔の歪みと顎を同時に調整する独自の施術で調整する「小顔&頭蓋骨コース」も御座います。
顔を小さくするだけではなく、頭痛・偏頭痛・肩こり・首こり・眼精疲労・目の奥にでる頭痛等にもアプローチし改善できます。

斜角筋症候群(胸郭出口症候群)

首の前にある斜角筋と呼ばれる筋肉の異常により、
神経や血管が圧迫を受けた状態を斜角筋症候群と呼びます

神経や血管は斜角筋の間を抜けて腕へ向かうため、
斜角筋の緊張や柔軟性の低下は斜角筋症候群の発症原因となります。

・痺れはあるが病院では以上ないと言われた
・肩が前に入りやすくなで肩である
・肩こりと同時に腕がだるくなる
・肩甲骨や胸の違和感、こり
・手先がたまに冷たくなる
・朝より夕方のほうがつらい

以上の様な症状が特徴です

猫背(姿勢矯正)

チェックボックス

姿勢が悪いと周りから言われる 

チェックボックス

周りから猫背と言われる

チェックボックス

気が付くと背中が丸くなっている

チェックボックス

鏡をみると顔が少しズレてる気がする

チェックボックス

首・肩が前に出てる(気がする)

一般的な猫背の原因としては、筋力の低下・背骨の靭帯・椎間板の機能低下等があります。
その中でも多くの原因は日常生活の中での姿勢習慣による骨格の異常(歪み)によるものが多いです。

主な原因 1巻き肩 2腕のねじれ(内側) 3肩甲骨の動きの悪さ

ではここで簡単な猫背(姿勢)のセルフチェックをしてみましょう!

立位

鏡の前に真っ直ぐに立ちます。鏡に対して自分の身体の横河(側面)が見えるように立ちます。

その時、耳・肩・骨盤・くるぶしの位置が一直線になっていれば問題なしの正しい姿勢です。
この4点の位置がずれていたり姿勢のキープが辛いと感じたら注意が必要です!
猫背比較 骨格の異常比較

座位

小胸筋 前斜角筋 中斜角筋 実は背中をしっかりつけて深く腰を掛けながらパソコンを覗き込んで作業をしていると猫背の原因になります。

猫背や腰痛がある方は椅子に浅く腰掛け手をキーボードにかけたとき、身体側にそわせた上腕は垂直に。


肘は90度に曲がっているのが理想と言われています。
肘の位置を身体より後ろに、ディスプレイは目線より下に位置、ディスプレイまで40cm程の距離が理想で疲れ目の防止になります。

足を組んだり投げ出したりせず、足裏が床に着くように座ります。
足を組むと骨盤の歪みの原因に!ほおつえは首や顎の歪みに、覗き込むには目・肩・首に疲労や歪みをつくります。

猫背の原因の1つでもある「小胸筋」この小胸筋をアプローチすることで猫背が改善されます。
小胸筋とは?肩と胸の間にある筋肉です。ここが緊張してくると伸縮ができず縮みこまった状態になります。
そうすると肩が内側になり「巻き肩」の状態になり背中も丸まって猫背になります。
原因はここだけではなく実は指先や腕の捻じれからも伝わってきて小胸筋をひっぱり縮ませて猫背にしてしまいます。

指先の捻じれ→腕の捻じれ→巻き肩→小胸筋縮む→猫背

猫背に対して背中を施術しても改善しません。
当院は小胸筋にアプローチをして指先からの根本的な所から施術をして改善に入ります。

腰痛・慢性腰痛

チェックボックス

朝起きたときに腰が痛む

チェックボックス

顔を洗う、料理をするときの姿勢が辛い

チェックボックス

長時間座って作業ができない

チェックボックス

立っているときに痛い

チェックボックス

腰に痛みやだるさを感じる

日本人成人の2人に1人は経験するといわれている腰痛

日本人の男性・女性とも腰痛を訴えている割合は常に上位に位置している身近な症状の1つです。
その原因はこれといった特定はできないのが現状です。

主な分かりやすい原因の症状としては・・・

チェックボックス

姿勢の悪さ、一定の姿勢

チェックボックス

過度の運動や動作

チェックボックス

筋肉の衰え

チェックボックス

骨の老化

チェックボックス

内臓等の病気などです

椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄・背骨の骨折等の症状に当てはまる場合は先に医師に相談することをお勧め致します。

腰痛が慢性化する原因

慢性の腰痛とは筋肉の炎症による痛み・神経の痛み
心理社会的要因(ストレス)等が複雑に合わさった状態です
腰痛になって身体を動かせない(動けない)
精神的ストレスになる
精神的ストレスが溜まると痛みを抑制する脳のシステムが衰え神経が過敏になる
更に腰痛を感じやすくなる
腰痛で動かさない(動けない)悪循環
仙腸関節 整形外科にいって薬やブロック注射をして一時的には良くなりますが根本から歪みの改善をしないと再発するのは時間の問題です。

当院は腰痛の再発を防ぐために症状に応じて自宅でできる
簡単なトレーニングや身体の使い方もご指導致します。

ギックリ腰

チェックボックス

重い物を持ち上げた時に痛みが出た

チェックボックス

腰に激痛が走り動けなくなった

チェックボックス

咳・くしゃみをしたら痛みが出た

チェックボックス

洗面台や台所で前かがみになった時に痛みが出た

チェックボックス

運動中にピキっと腰に痛みが走り動けなくなった

ギックリ腰とは腰の関節を捻挫した状態です。
ギックリ腰の正式名称は「急性腰痛症」と呼ばれています。

この症状は様々な時におこりうる事があります

チェックボックス

前かがみになり物を拾う

チェックボックス

くしゃみや咳

チェックボックス

座位から立ち上がる時

チェックボックス

瞬間的に動いたとき

チェックボックス

片足たちで靴下を履く体制(とても危険な体勢です)

ギックリ腰はほとんどが椎間関節の亜脱臼(捻挫)によるものではと考えられています。
ギックリ腰になる方又はなりやすい方はギックリ腰をやらなくてはならない位に身体が歪んでいる状態です。
ギックリ腰で捻挫を起こした事で周辺組織の炎症で強い痛みが生じ動くと痛みが出ます。
そうなるので横向きに寝たり安静にすることにより、ややだんわする傾向にあります。

ギックリ腰になりやすい例(原因)

チェックボックス

長時間の立ち(座り)仕事

チェックボックス

中腰等の不自然な体制

チェックボックス

姿勢の悪さ

チェックボックス

内臓の疲労

チェックボックス

運動不足

チェックボックス

冷えや古傷等

病院での対処法としては

ブロック注射・痛み止め薬・電気超音波の治療等ですが、これだけでは根本的な改善にはならずその場だけになってしまいます。
一時的にはおさまっても再発した時には傷口が広がり更に症状の悪化や俗にいうクセみたいな物が生まれます。

ギックリ腰とはいっても首の歪みが原因の時もあれば足裏や股関節の歪みの時もあります。
その為、全体の調整をすることで改善が望まれます。

痛みは身体からの信号(呼びかけ)です 

ほっておくとその部分をかばうために、身体の他のところをひっぱりバランスを取ろうとします。その為、更なる歪みがうまれてしまいます。
そうならない為にも早めの調整をして頂き身体のバランスを整え改善して行くことが元気に毎日を過ごせる為の予防にもなります。

上の症状以外、膝痛 腱鞘炎 足の冷え(むくみ)等にも対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

スポーツ整体

チェックボックス

痛みがなかなか取れず、練習に集中できない

チェックボックス

試合や大会が近いのに安静にとだけ言われて焦りを感じる

チェックボックス

接骨院で電気治療をしてもなかなか回復しない

チェックボックス

パフォーマンス能力を上げたい

チェックボックス

怪我をしにくい身体にしたい

ここぞという時の踏ん張りや、スタミナ(体力)がいつもより持たない(持続しない)
瞬時の切り替えしで身体が上手く使えない
いつも同じ場面で怪我をしたり、バランスを崩す

身体の歪みや使い方を変えるだけでその悩みは解消していきます

もちろん練習あっての事ですが、歪んだ状態で身体にストレスを余計に与えることで動きにブレが出て余計な力みを生み出し怪我をする事になります。
歪みを改善する事により身体に余計な力みを生まなくスムーズに身体を使える事によってパフォーマンスアップやより正しい身体の型でフォームを覚えることが出来ます。

例 総合格闘技(MMA)・ブラジリアン柔術・柔道・ボクシング・キックボクシング・バドミントン・野球・バレーボール・クラシックバレエ

小顔コース

チェックボックス

重い眼精疲労

チェックボックス

頭が重いスッキリしない

チェックボックス

首が辛い

チェックボックス

偏頭痛や頭痛が頻繁におこる

チェックボックス

顎関節症といわれた

クリームやオイルを使わずに顔を含め頭も全体的に施術していく「MB式小顔施術」

美容の施術でもありますが、頭痛・肩こり・首にも効果があります。
仕事が忙しくて眼精疲労や頭の使い過ぎで重いだるいなど整体に施術としても効果は大きいです。
もちろん、顔をシャープにしたい口角をあげた笑顔にしたい目鼻立ちをスッキリしたい事もできます。

男性やスポーツ選手にもお勧め

集中力があがり、目と頭の視野もひろくなり
パフォーマンス中の視野もぶれにくくなり反応もよくなったりと幅が広がります。
※個人差はあります
美容ですが整体の施術として捉えて頂ければとても気軽に受けれる人気のコースでもあります。
飲み会・パーティー・写真撮影等イベントの直前に受けて頂いても大丈夫です。
小顔+全身整体
10000円(2000円お得です)